会社で働く法務博士の日記

会社で働く法務博士の感じたことを発信しています。社会人司法試験受験生の悲願成就と、会社で働く法務博士の活躍を応援しています。リンクフリーです。

修習行く人は手帳を買おうよ

 67期司法修習生になると会社で働いていた時代に使っていたスケジュール管理ソフト等が使えなくなるため久しぶりに手帳を買いました。会社勤めしていた時はグループウェアでスケジュール登録して、スマートフォンからスケジュール確認をすることもできたので手帳をしばらく使っていませんでした。修習に行ってからスマホでフリーのスケジュール管理ソフト使ったりgoogleカレンダー使ったりということも考えましたが、1年と短い修習期間の記録を一冊に残せる手帳を見つけたので手帳管理とすることにしました。

f:id:asobo-kenken:20131104124527j:plain

 最大の決め手は2013年12月はじまりの手帳で、コンパクトなかさばらない手帳を見つけたことです。12月はじまりとはいえ11月最終週も掲載があり、67期司法修習は11月27日からなので司法修習期間全てをカバーすることができます。修習期間のスケジュール管理に役立つことも当然ながら将来的に修習時代を振り返る際の記録として1冊の手帳で管理できるところが大きいです。

 

 買った手帳は、NOLTY Pocket Casual 1黒(Nolty 1501)です。NOLTYは日本能率協会がだしている能率手帳の現在の名前ですね。NOLTYの1501は大き目のスマホよりももう一回り大きいくらいの15cm×9cmというサイズで持ち歩いていてもかさばらないです。月間カレンダーと週間カレンダーがついているのに薄いのが良いですね。
 ちなみにイトーヨーカドーの手帳売上ランキングでは1位から3位までがNOLTYシリーズで占められており、1位が今回購入した1501でした。能率手帳といえば定評のある手帳ですし、今回久しぶりに見た印象も無駄なものをカットしデザインも機能性も良くなっている良い印象でした。

 

 新しい手帳も買い、新しい生活が楽しみです。